⇒ 無料でデザイン情報をGETできるメール配信中!

【知らないと危険】話題のChatGPTと注目のトレンドAIを世界一わかりやすく解説!

話題のChatGPTと注目のトレンドAIを世界一わかりやすく解説!

\こんなことが学べるよ/

  1. ChatGPT-4って?
  2. ChatGPT以外もAIあるの?
  3. いまトレンドのAIを教えて!

こんなことがわかる記事をご用意しました。
この記事を読んでいただければ、知識0の初心者でもトレンドAIを語れるようになります!

今回は小学生でもわかるよう、画像付きで超簡単に解説してみました。
読めばわかりますが、ほんとにAIはヤバイです……世界を根底から変革させます。

大変なことになる前に、ぜひ今のうちにAIを学んでモノにしてくださいね!

以下、記事の信頼性として軽く自己紹介です。

ミヤマ

某企業の営業部ではたらくデザイナー、ミヤマです!

CONTENTS

はじめに、AIのヤバさについて

これについては論より証拠。
まずざっくりTwitterの引用をごらんください。
※動画アリなので、通信状況のよいところでお願いいたします!

ChatGPT-4

画像を読み取って、手がきメモ→サイトが爆誕してます。

Google

GmailやDocsなど、GoogleツールにAIが標準搭載されます。APIも公開に……。

Microsoft

Microsoft365(ワード・エクセル・パワポなど)にもAI標準搭載……。

さらにMicrosoftさんは自然言語、つまり、ふつうの言葉でスマホ業務アプリを作成できちゃえるようにするそう。

ぱんださん

もーわけわかんないけど、ヤバイってことだけはわかる!

ミヤマ

そう、AIスゴすぎて混乱しますが、超ヤバイです!

上記のAIさんたち、ぜんぶ生成系のAIでかしこいんですが、じつは種類がちがいます。

AIの種類=AIモデル
というのですが、今回は今大注目のAIモデルたちをご紹介します!

世間ではChatGPTばかり有名になってますが、この業界にはまだあまり知られていないヤバイAIが、ほかにもゴロゴロいるんですよ……。

「ChatGPTしか知らない!」という方はぜひ、この機会に知っておいてくださいね。
画像多め・文字少なめでわかりやすいですよ(笑)

ミヤマ

GPT-4より少し性能は劣るけど、めちゃ軽なAIとかいます!

ぱんださん

この記事はわかりやすさ重視で書いてます。
詳細は出典元を確認してね!

とりあえずこれだけは覚えとけ!な会社

今話題のAI業界は大きく分けて、

  • Microsoft&OpenAI系
  • Google系

今はこの2勢力が1番の注目AI企業。

なので最低限「Microsoft・OpenAI・Google」の3企業を追いかければ今のところはOKです!
(超新星が現れないかぎりは)

ちなみに「OpenAIだれ?」な方に説明すると、ここはChatGPTを作ってる(一応)非営利団体。
OpenAI=ChatGPT作ってるとこ、という認識でOKです!

ぱんださん

なんでMicrosoftとOpenAIがいっしょになってんの?

ミヤマ

MicrosoftのAIは、ベースがOpenAIの作ったAIだからです!
二人は友だち(技術提携してる)のです!

MicrosoftとOpenAIは技術提携してるので、基本的にChatGPTがバージョンUP→MicrosoftもUP!と連動しています。
マイクロさんのAIは改造されてるものの、ベースは同じものを使ってるんです。

大御所AIを理解したところで、次は今大注目なAIさんたちをご紹介しますね!

ChatGPT(チャットジーピーティー)について

ChatGPT1
ミヤマ

ChatGPTは、OpenAIさん作のAIです!

抜群の知名度を誇る、超高性能AIです。
最新バージョンはChatGPT-4

GPT-4は日本語や英語以外の言語も得意になって、長文読解も3,000→25,000語にUP!
GPT-4日本語は、旧GPT-3.5の英語より頭がよくなっています。

速度が遅くてコストも高い(前作の20~40倍)けど、トップレベルで頭が良い子ですよ。
アメリカの名門スタンフォード大学に合格できるレベルと発表されてました!

ぱんださん

ちなみに、前のGPT-3はスタンフォード大学落ちたよ!

ChatGPT-4のヤバさとは?

ChatGPT3

さらにさらに!
もっとヤバイのが、先日行われたGPT-4のデモンストレーションです。

中でも世界を震撼させたのが、汚い手がきの画像読み込み→サイト爆速生成という神ワザ。

冒頭のTwitter埋め込み動画のとおり、もうコーダーさんいらなくなるじゃん……みたいな事態になってるんですね。

現在はChatGPT Plusという課金をしても、残念ながら画像読み込み機能は使えません。
今みんなが使っているのは、GPT-4のテキストのみです。

ミヤマ

まあ、テキストのみでもじゅうぶんスゴイです!

ぱんださん

画像の解放がたのしみだね!

GPT-4って無料で使えないの?

ChatGPT4

GPT-4はコストが高いことで有名。
原則有料です!

唯一、例外でGPT-4っぽいAIを無料で使えるのがMicrosoftさん提供のBing(ビング)
Microsoftさんは、ChatGPTを作ったOpenAIさんに1.3兆円のマネーをあげたり提携したりで、とっても仲良しなんです。

ただし、BingはGPT-4の調整モデル
いろいろ改造されて制限もかかっているので、同じAIではないということにご注意を。

とは言え、天下のMicrosoft製で安全&無料&早いので、初心者にはオススメ!
Bingが気になる方は以下でどうぞ。

海外のChatGPT-4アプリに注意!

ミヤマ

ちなみに今、TwitterではあやしいGPT-4を利用したアプリがそこらじゅうで紹介されてます!

「無料」という言葉にだまされ、わたしも某アプリについトライアル登録してしまいましたが……どこも数日ですぐ有料課金になります。

少なくともわたしが、完全無料・確実に安全でオススメできるのはBingのみです!

次点でPoe(ポー)という有名アプリがありますが、GPT-4はたった1回しか使えません(笑)
ただPoeはいろんなAIが使える&いろんな方が使ってるので、危険は少なそうです。

わたしもDLしてみましたが課金も良心的な提示で好感を持ちました。
気になる方はコチラを参考にして登録してみてくださいね。

ぱんださん

そのほかの公式以外のGPT-4アプリには気をつけてね!

ChatGPT-4の詳細はコチラ

PaLM(パルム)について

PaLM1
ミヤマ

みんなおなじみ、Googleさん作のAIがPaLMです。

いまGoogleさんはChatGPTの登場で、
「ヤバイ、みんながググらなくなる!」
「MicrosoftがChatGPTと手を組んだ!」
と超あせっています。

だもんで、いそいで開発→追っかけで発表したのがこちらのPaLMなんですね。

PaLMのスゴさ

PaLM2

機能とコストのバランスがいいのがPaLMの特徴。
提供予定のおもな機能は以下引用です!

  1. Gmailの下書き、返信、要約、優先順位づけ
  2. ドキュメントでのブレインストーミング、校正、執筆、書き直し
  3. スライドで自動生成された画像、オーディオ、ビデオを使って、クリエイティブなビジョンを作成する
  4. スプレッドシートの自動補完、数式生成、文脈に応じた分類により、元データから洞察や分析につなげる
  5. Meetで新しい背景を生成し、会議のメモを作成する
  6. Chatで物事を進めるためのワークフローを実現する
引用:https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1485841.html

↑とにかく超便利なことはよくわかりますね。
なんと2023年内に一般提供開始するそうですよ。

さらにGoogleさんいわく、みんな(開発者)がAI作れるプラットフォームを提供するよ!と発表しています。

これが実現したらほんとにヤバイですね。
みんながオリジナルAI作れちゃいますよ!

ミヤマ

ChatGPTに隠れちゃってますが、PaLMも要チェックです!

PaLMの詳細はコチラ

LLaMA(ラマ)🦙について

LLaMA1
ミヤマ

LLaMAは元FacebookのMetaさんが作ったAIです。

Metaさんはかなり初期からAIにお金を入れて開発してたんですが、ChatGPTに先を越されてちょっと影がうすくなってしまいました。

が、このLLaMAもかわいい名前ですがかなりデキルAIなんです!

LLaMAのスゴさ

LLaMA2

LLaMAの特徴は、とにかく軽くてサクサク動くところ!

今までの中で性能のわりに1番軽くて、動作も軽快なAI……だと思われます。(猛スピードで各社が開発してるので、断言できなくてスミマセン!)

LLaMAは非商用ライセンスで提供なので、利用するにはMetaさんへの申請が必要。
たぶんこれもLLaMAの影がうすい一因ですね。

あとLLaMAはつい先日、4chanでデータ流出してしまいました。
違法データは使わないようご注意くださいね!

さらにAlpaca(アルパカ)🦙もいる!

ミヤマ

なお、ラマをファインチューニングしたアルパカも有名です!

ラマ(LLaMA)🦙が改良→アルパカ(Alpaca)🦙になりました(笑)

ちなみにAlpaca は学術研究のみを目的としており、商用利用は禁止です、ご注意を。

Alpacaについては、以下の小猫遊さんのツイートがわかりやすいですよ!

ぱんださん

Metaさん系列のAIはみんな名前がかわいいね!

LLaMA・Alpacaの詳細はコチラ🦙

Claude(クロード)について

Claude1
ミヤマ

Claudeは専門家が大注目!
Anthropicさん作のAIです。

AI専門企業のAnthropicさんというところが開発しており、AI専門家の評価が非常に高いのが特徴。
最近早期アクセス開始した新しい子ですね。

現在、ClaudeとClaude Instantの2種類を発売しています。
Claudeが高性能モデルで、Claude Instantは軽量・低価格・高速なモデルとのこと。

高性能モデルはChatGPTに匹敵するとウワサされてる、気になるAIです!

Claudeのスゴさ

Claude2

Claudeの特徴は、ほかのAIに比べ無害なところ!
ChatGPTより自然な会話ができて、有害な回答をする確率が低いとの発表です。

さらには自己完結を目指すため、インターネットへのアクセスがないのもポイント。
公共だったり子どもが使う定番AIはClaude!みたいになるかもですね。

ちなみにClaudeには、Googleさんも3億ほど出資しています。
なのでどちらかというとGoogle派閥ですね。

ミヤマ

AI界も派閥とひもづけて考えると理解が深まりますよ!

Claudeの詳細はコチラ

よくあるQ&A

いまさらですけどAIってなんですか?

AI(人工知能)は、コンピュータが人間のように考えたり、話したり、学習したりする技術のことです。
AIさんはさまざまな場面で私たちの生活を助けてくれたり、おびやかしたりしてくれる存在です。

ChatGPTってどんなAIですか?

ChatGPTは抜群の知名度をもった、大規模言語モデル。ようするに、文章を書いたり会話したりするのが得意なAIです。

人間のように上手に文章を作成できるので、今さまざまな場面でバズって活躍しています。活躍しすぎて、最近は人間もおびやかし始めてますガクブル。

AIが身近になると、どんなふうに生活が変わりますか?

AIが身近になることで、日々の生活がもっと便利で楽しくなります。

例えば、AIが勉強を手伝ってくれたり、爆速でサイトを作ってくれたりします。さらに、最新AIは写真や絵を分析することができるので、新しい趣味や遊びが広がります。

有能すぎるので、最終的にはホワイトカラー系の人間の仕事がなくなりそうでヤバイです。

まとめ

ミヤマ

最後におさらいです!

\AI戦国図はこんな感じ/

  1. OpenAI:ChatGPT
  2. Microsoft:Bing
  3. Google:PaLM
  4. Meta:LLaMA🦙
  5. Stanford:Alpaca🦙
  6. Anthropic:Claude

いかがでしたか?
最初は「AIむずかしい!」と思ったかもしれませんが、かなりスッキリしたのではないでしょうか?

上記さえわかれば、明日からAIモデルの話題にもスムーズについていけますよ。
よかったらお友だちなどに(ドヤ顔で)説明してあげてください(笑)

AI革命はまさに今はじまったばかりです。
定期的に情報をキャッチアップしつつ、波乱のAI大津波を乗り切っていきましょう!

いまなら読者さんに無料プレゼント中!

MiyaNew

>完全無料のニュースレター MiyaNew!

もしデザインに興味ありましたら、こちらのニュースレターもぜひ。

無料・こわい売り込みナシ・いつでも配信解除OK!

今ならご登録いただいた方に20万インプを達成した素材データを無料プレゼント中です。

よかったらコチラ↓からどうぞ!

話題のChatGPTと注目のトレンドAIを世界一わかりやすく解説!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
CONTENTS