デザイナーのためのPCはこれ!おすすめをプロが初心者に解説します

デザイナーのためのPCはこれ!

この記事ではプロデザイナーの筆者が「初心者がデザインでとりあえず買う1台」の比較と選び方、おすすめをご紹介します!

デザインの仕事は孤独で基本年収も低く、稼げる職種ではありません。

初心者がデスクトップ型を買うと最悪、置き物になる可能性があります。

その点をふまえ、初心者が絶対に損しないためのPC購入について解説していきます!

ちなみに、筆者の信頼性は以下のとおり。

ミヤマ

某大手企業の営業部でデザイナーをしています。
ミヤマです!

ミヤマ

Windows、Mac両方説明していきます!

ぱんださん

デザイナーってMacじゃないの?

ミヤマ

昔はそうだったけど、今はどっちでもOK!
むしろ世の中はWinが多いので、こっちもオススメよ。

ぱんださん

なるほど。
さっそく教えてください!

CONTENTS

【5分で分かる】デザインPC選び早見表

さっそくですが、結論は以下のとおりです。

デザインPCの選び方1
デザインPCの選び方2

上の図のスペックで、以下のメーカーから選べば問題ありません!

\ おすすめWindowsPC/

  1. Lenov(レノボ)
  2. DELL(デル)
  3. hp(エイチピー)

\ おすすめMacPC /

  1. Mチップの最新版が入っているPCにする。
  2. 携帯性重視なら13.3インチ、大画面を重視するなら16インチ。
ぱんださん

この機種がオススメ!ってリンクしないの?

ミヤマ

上の図のようにデザインだけか、動画もするか、携帯性重視か、などで正解が変わるからリンクしません!

それでもデザイナーが使うPCが知りたい方は、こちらの実機紹介をどうぞ。

以降でポイントをくわしく解説していきます!

初心者はノートPCがおすすめ!

見出し画像1
ミヤマ

結論、初心者はノート型PCを選んでください!

デザインで5万ほど稼ぐ程度ならノートで十分。

初心者が楽しく続けられて、万一デザインをやめても無駄にならないのがノートPCです!

ノート型・デスクトップ型とは?

ぱんださん

そもそもノート型とかデスクトップ型ってなに?
どんなパソコンのこと?

ミヤマ

という方は、画像を見たほうが早いです。
以下、どうぞ!

ノート型PCはこんな感じ

ノート型PC

デスクトップ型PCはこんな感じ

デスクトップ型PC
ぱんださん

持ち運べるのがノート型で、机に乗せたすえ置き型がデスクトップね!

ノート型がおすすめの理由

なんども言いますが、初心者へのおすすめは圧倒的にノート型PCです。

ぱんださん

「初心者こそ一流のプロと同じものを使え!」ってよく言わない?

ミヤマ

デザインPCの場合、一流はMacのデスクトップ型だね。
初心者が買うには高すぎて置き物になる危険が…。

一流のデスクトップ型デザインPCは、軽く数十万~百万円したりします。

そしてなにより、場所を取ります。

もしデザインに挫折したら、置き物かメルカリに直行しかねません。

その点ノート型なら、カフェでデザイン以外の副業にも使えますよ!

ミヤマ

特に子育て世代の人は絶対にノートです。
家だと子どもに妨害されて仕事になりません!

実はデザイン業界、昔から超ブラックで有名です。

むかし大学の教授が言っていましたが、浪人して美大を出た人ですら、デザイナーを続けている人は半分以下が現実。

実際に私も病んだので手放しでオススメできず…。

デザインは本職にせず「スキルの一つ」として活かす道もあることを覚えておいてください。

ノート型とデスクトップの比較

ミヤマ

それぞれの特徴をまとめるとこんな感じです。

ノート型とデスクトップ型の比較

見てのとおり、ノート型は部品を小型化するためにコスパは悪いのですが、持ち運びができます。

カフェでPCを開いてデザインしたり、気ままに旅行したり。

小さな子どもの妨害や、自然災害から逃げるときも持って行くことができます。

ミヤマ

デスクトップだと基本、PC部屋から動けません。
ガチのプロじゃないならノートでOKです!

ぱんださん

ノートならデザイン以外でも気軽に使えるよね。
カフェでドヤりたいからノート型にするよ!

デザインPCはMac?Windows?

見出し画像2

ノート型パソコンを買うことを決めたら、次はOSを選びましょう。

具体的には「Apple社のMac」か「Microsoft社のWindows」の2択です。

ぱんださん

あれ、デザインするならMacじゃないの?

その昔、クリエイティブ業界ではデザインをするならMacでないとダメな時代がありました。

操作性の問題や、そもそも入稿するデータがMacでないとダメな印刷所があったりしたわけです。

そのなごりでクリエイティブ界はMac推しが多いのですが、現在はWindowsでもまったく問題ありません。

ミヤマ

実は一般的にはWindowsシェアが圧倒的です。

OSシェア

引用:2021年5月デスクトップOSシェア/円グラフ – StatCounter Global Stats報告

Macはとにかく高いので、日本の企業はだいたいコスパのいいWindowsパソコンを買っています。

大多数はWindowsで、Macを使うのはクリエイティブ系業界とフリーランスくらい。

全体としては少数派ということを意識しておいてください。

ミヤマ

クライアントはWinが多いです。
文字化けしないWindowsも良いですよ!

MacとWindowsの比較

MacとWindowsのシェアを把握したところで、両者を比較してみましょう。

簡単に言うと、こんな感じです。

WindowsとMac比較
ミヤマ

それぞれメリット・デメリットがあります。
これは好みで決めてOKですよ!

Windowsのメリット・デメリット

Windows

\ Winメリット /

  1. 安く高性能PCが買える!
  2. クライアントはほぼWin!
  3. Office入りで最初から買える!

\ Winデメリット /

  1. 買い方が少しむずかしい。
  2. キー配列が変なのがある。
  3. フォントがしょぼい。
  • コスパ重視の人
  • クライアントがWindowsの人
  • Macにそれほど思い入れがない人
  • 最初からOffice入りで買いたい人

にWindowsはおすすめです。

Macのメリット・デメリット

Mac

\ Macメリット /

  1. 買い方が分かりやすい!
  2. キー配列ちゃんとしてる !
  3. いいフォントが入ってる !

\ Macデメリット /

  1. オサレで操作性はいいが高い。
  2. Officeは別途買う必要あり。
  3. クライアントはほぼWin 。
  • お金がある人
  • PCを楽に選びたい人
  • デザイン性を重視する人
  • Macがモチベーションになる人

にMacはおすすめです。

ミヤマ

Macは高額なのがネックです。
同等以上の性能でWinなら半額近く安くなることも…。

会社方針でWindowsを使ってる体験談としては、代理店のZipが文字化けして困ったことが何度もあります。

特に画像が文字化けにより全部リンク切れして泣きそうになりました。

副業でMacを買う人は、Zipの文字化け対策を必ず行ってくださいね!

デザインノートPCのスペックについて

MacかWindowsかを決めたら、いよいよスペックを検討します。

スペックについては超有名なデザインソフト、Adobe(アドビ)を使うか使わないかで大きく変わります!

ぱんださん

Adobeって、買わなきゃダメ?

ミヤマ

プロデザイナーをめざすなら買ってください!
Adobeいらないと言うデザイナーは日本に存在しません。

逆に言うと「月に数万くらい副業で稼げればいい」という人はAdobeナシでOK!

Adobeナシなら以下3つのどれかをどうぞ。

  1. PowerPoint(パワーポント)
  2. Canva(キャンバ)
  3. Adobe Express(アドビエクスプレス)
ぱんださん

きゃんば?
あどびえくすぷれす?

ミヤマ

CanvaAdobe Expressは無料で使えるデザインツールです!

有料版と無料版がありますが、無料版でも十分デザインできますよ!

現時点では総合的にCanvaが優れていますが、Adobeはプロデザイナー愛用の老舗です。

そのためショートカットなど使い勝手がプロのものと似ているのが特徴。

さらにAdobe Expressはリリースされて日が浅いので、今後大幅なアップグレードも予想されます。

ミヤマ

結論、Adobe購入しない人はCanva、購入するかもな人はAdobe Express推奨です!

ぱんださん

無料だし、迷ったら両方やってみよう!

気になる方は以下公式サイトへどうぞ!

PowerPoint・Canvaなどを使う人のスペック

では、具体的なスペックをご紹介します。

使うのがPowerPoint、Canva、Adobe Expressだけなら以下のとおり。

Adobeのプロ版もギリギリ動かせるかな、というレベルです。

パワポ・Canvaを使う人

Adobe使うけど動画しない人のスペック

Adobe使うけどデザインだけで動画はしないよ、という人はこちら。

私はこれで足りるんですが、人によってはもの足りないこともあります。

余裕を持ちたい人は「動画」の推奨スペックで購入しましょう!

Adobe使う動画しない

Adobe使うし動画もする人のスペック

動画するならこれくらいはほしいところ。

かなり高スペックなのでお値段も高くなります。

お財布と相談してご購入は計画的に!

Adobe使う動画も使う

Adobe公式の推奨スペック詳細

参考までに、Adobeの公式推奨スペックは以下のとおりです。

むずかしいなって人は飛ばし読みしてくださいね。

Adobe推奨スペック
ぱんださん

先生、まったく分かりません!
GPUのとこのVRAMってなんて読むの?

ミヤマ

VRAM(ブイラム)です。
これでも公式よりは分かりやすい表なんだけどね。

ぱんださん

ねえ、購入サイト見てもVRAMって項目ないんだけど?

ミヤマ

そうなの!
どの購入サイトでもVRAMってくくりでは書いてないのです!

VRAMについては、私の旦那さんが元パソコン販売員なので、確認しました。

むずかしかったので結論だけ言うと、VRAMは一般人は気にしないので、ほぼどこも書いていません。

そのため、ほかのスペックから類推してAdobeの推奨VRAMに相当するか考えなければならないという、超高度なことが要求されていたりします。

ぱんださん

先生、むりです!(涙)

ミヤマ

と思ったので、一個ずつスペックを説明してくね。
面倒な人は、すでに紹介してるおすすめスペックをみてね!

スペックのくわしい説明

ぱんださん

推奨スペックは分かったけど、おねだんが…涙

と悩む方は多いと思います。

「ここだけ推奨より下じゃダメかな?」
「そもそも優先順位ってどうなんだろ?」

と思ったときは、以下で判断してくださいね。

デザインPCを選ぶ優先順位

特に「CPU」「メモリ」をケチると、できることがぐっと減ります。

この2つは絶対お金をかけてください!

ぱんださん

CPUとメモリ大事ね!
覚えたよ!

ミヤマ

ちなみに、人によってはメモリが1番大事派もいるよ。

優先度1:CPU

CPU(シピーユー)と読みます。

Central Processing Unitの略で、人間で言うところの脳みそです。

いちばん大事なやつなので、買うときは基本一番新しいCPUを買いましょう。

ぱんださん

でも「CPUランクを下げてメモリを増やす」って人いるよね?

ミヤマ

好みの問題でもありますが、私はCPU優先派です!

\ おすすめCPU /

  1. Intel社「Core i7~9以上」
  2. AMD社「Ryzen 9以上」
  3. Apple社「M2チップ以上」
ミヤマ

個人的なおすすめはAMDのRyzen!
最近コスパよくて人気なのよ。

ぱんださん

Ryzenて前はAdobeと相性悪かったけど、解消されたのね。

優先度2:メモリ(RAM)

RAM(ラム)と読みます。

Random Access Memoryの略で、机の広さに例えられます。

小さい机で作業するよりは大きな机で広々やりたいよね、みたいな感じ。

\ おすすめRAM /

  1. PowerPoint・EXCEL「8GB以上」
  2. Illustrator・Photoshop「16GB以上
  3. Premiere・After Effects「32GB以上
ミヤマ

デザインなら16GB以上、動画なら32GB以上がおすすめです!

ぱんださん

人によってはデザインで16GBでも足りないことがあるけど、初心者ならまず大丈夫だよ!

「CPUのランクを下げてでもメモリを積みたい!」という人は、脳みそよりも机の広さを重視した結果です。

なにを重視するかで選びかたにブレがでる、と覚えておいてください!

優先度3:GPU

GPU(ジーピーユー)と読みます。

Graphics Processing Unitの略で、3Dグラフィックスなどの画像描写で必要になります。

購入ページで「グラフィックスが~」と言ってたらだいたいGPUのことだと思ってください。

\ おすすめGPU /

  1. Intel社「Geforce」搭載だといいな。
  2. AMD社「Ryzen9以上」ならOK!
  3. Apple社「Mチップ搭載」ならOK!
ミヤマ

ノート型の場合、軽量化のためにGPUはCPUに組み込まれてることが多く、こんな書き方になってます。

ぱんださん

IntelはGeforceでないとダメ?

ミヤマ

ダメじゃないよ!
可能ならGeforceはいいよってニュアンス。

Geforce搭載だと大抵価格がアップします。

このへんはお財布と相談して決めてくださいね。

優先度4:SSD/HDD

SSD(エスエスディー)、HDD(エイチディーディー)と読みます。

SSDはSolid State Driveの略で、HDDはHard Disk Driveの略。

どちらも記憶装置で、簡単に説明するとこんな感じです。

SSD:サイズが小さくて読み書きが早い。
HDD:SSDより容量が大きく価格が安い。

ミヤマ

AdobeはSSDを推奨しているので、SSDでお願いします!

\ おすすめSSD /

  1. PowerPoint・EXCEL「256GB以上」
  2. Illustrator・Photoshop「512GB以上
  3. Premiere・After Effects「1TB以上

正直なところ、SSDは個人の使い方で「足りない・足りる」の差が大きいです。

やってみないと分からないと言いたいところですが、私の体感としては上記のような感じ。

ミヤマ

足りなかったらごめんね!

初心者におすすめのデザインPCメーカー

見出し画像3

Windowsが欲しい人

ぱんださん

お金ないのでWindowsがいいけど、種類多くて分かりません!

ミヤマ

ミヤマ的おすすめ3社を紹介します!
監修は元パソコン販売員の旦那さんです。

\ おすすめPCメーカー3社 /

  1. Lenov(レノボ)
  2. DELL(デル)
  3. hp(エイチピー)

ノートPCのサイズは携帯性重視なら13~14インチ、画面の大きさ重視なら15~16インチと考えてください。

Lenovo

Lenovo
画像引用:Lenovo

>Lenovo

コスパが良くてキーの打鍵感、ディスプレイの発色も良いことが多く個人的に好きなメーカー。

あと、DELLのPCでありがちな「ちょっと変なキー配置」が少なくて安心感あり。

デフォルトで入ってるLenovo Vantageという設定アプリがけっこう分かりやすくて良いです。

付属のペンはほぼワコム製なのも高ポイントだったりします。

実際にミヤマも愛用中。

DELL

DELL
画像引用:DELL

>DELL

Lenovoのライバルです。コスパ最強なことが多いですね。

たまにおかしなキー配置のPC売ってることがあるけど、そこさえ注意すればとっても良いPC。

付属ペンもほぼ安心のワコム製です。

そのときどきでLenovoよりDELLが良いときがあります、二人はライバルなので。

You TubeでLenovoとDELLを比較してることが多いので、参考にしましょう!

hp

hp
画像引用:hp

>hp

Lenovo、DELLよりちょっと高級なのがhp。

元PC販売員の旦那さんいわく、ここのペンも良いそうです。

世界的にも有名&高品質でとってもいいメーカーで、ミヤマのあこがれ。

Windowsを買うことが決まっていて、かつお金に余裕があるならhpいいですよ!

ぱんださん

参考までに買ったPC教えてよ!

ミヤマ

私はイラストも描きたいと思ったから、これを選んだよ!
Lenovoはペンがワコム製なのも決め手でした。

LenovoPC1
画像引用:Lenovo

Lenovo Yoga 760

このPCはたくさん種類がありますが、こちらを選びました。

LenovoPC2
画像引用:Lenovo

Lenovo Yoga 760はUSBポート(USBの差込口)が1個しかないので、そこはご注意ください。

本家のワコムペンにはかないませんが、ちょっとしたお絵かきならLenovoのペンもいいですよ!

>Lenovo公式サイトはこちら

Macが欲しい人

Apple
画像引用:Apple

>Mac

ミヤマ

Macで選ぶのは簡単です。
押さえるべきポイントだけ書いておきますね。

\ Macのポイント /

  1. 最新Mチップ搭載PCにする。
  2. Microsoft Officeは入っていないので、別途購入。
  3. サイズは携帯性重視なら13.3インチ、大画面を重視するなら16インチ。
ぱんださん

分かりやすーい!

ミヤマ

しいて言うならクライアントはWindowsが多いので、文字化けに気をつけてくださいね。

デザインでおすすめのマウス

デザインをするなら、マウスorペンタブが必須です。

理由は、作業がめちゃくちゃ非効率だからです。

ミヤマ

タッチパネルは発狂します。
ぜったい買いましょう!

おすすめはゲーミングマウス

初心者にペンタブは高価でハードル高めです。

ペンタブはカフェで作業むずかしいですし…。

ということでマウスは、ゲーミングマウスが推し。

ゲーム仕様のため耐久性と精密度がよくて、デザインにぴったりなんですよ!

お手頃価格で私が愛用してるのがこちら。

ミヤマ

ちょっと重心が重めですが、反応も良くて気に入ってます!

高価格マウスならこれ

本当にプロ仕様がいいならこちらですね。

マウスならこれ!って評判でしたので。

ボタンを割り当てられるのがとても便利だそうですよ。

ミヤマ

私はマウスをよく壊すので、中価格を愛用しています!
心配性な人は中価格で様子見するといいよ。

ぱんださん

た、たしかに…。
1万マウスがすぐ壊れたら悲しいわ。

本気でペンタブならこれ

高いので最初に除外しましたが、本当にプロの現場ではペンタブの愛用者が多いです。

本格志向、かつ自宅作業が前提ならペンタブが最良です。

ペンタブ購入の場合は、安価な物を買わないのが最大のミソ!

ヘタに安いものを買うと精度が悪く、イライラしてまったく使えません。

ここは老舗ペンタブ会社のプロライン、「ワコムプロ」のペンタブにしましょう。

ちなみにウン万円します!

お財布と要相談です!笑

>ワコムプロのペンタブはこちら。

ちなみにミヤマは家がせまく、副業はファミレスで作業のためペンタブは使っていません…。

いつか自宅で作業できるようになったら買いたいです。

PCを安く買うコツ

セール画像
ミヤマ

服と同じで、PCもこの時期に買うと安い時期があります!

ぱんださん

ぜひ教えてください!

まず、大前提として注意するのがこちら。

\ PC購入の大前提 /

事前にMacの新作発表がないかチェック!

Windowsを心にかたく誓っていないかぎりは、Macの新作発表前は購入を待ちましょう。

購入後すごいMacが発表されて後悔、というパターンは非常に多いです(笑)

頭のかたすみに置いておきましょう!

セールのタイミングについて

Lenovo・DELL・hpのセール

LenovoとDELLは、セールを直販サイトで年中やってます。

夜間限定、週末限定などでクーポンが出るので、必ずクーポンをゲットして買ってください。

hpは週末限定セールをよくやるので、週末に買いましょう。

ミヤマ

Lenovo、DELL、hpは不定期セールも実施します。
実際に買うときは最新セール情報をググってください!

Macは基本セールなし

Macは基本、セールをやりません。

ですので、安く買いたい場合はアウトレットセールなどを確認しましょう!

アウトレットはつねにあるわけではないので、念のため見ておく感じになります。

ミヤマ

くどいようですが、Macは新作発表を確認して買いましょう!

11月ブラックフライデー

特にAmazonで、おすすめの時期がこちら!

Windowsはめちゃくちゃ安い&高性能PCがしれっと出ていたりします。

秋の新作Macと比較して買うと損もなくてベリーグッドですよ!

【必見】Mac・Lenovo・DELL・hpをお得に買う方法

楽天Rebates

Mac・Lenovo・DELL・hpを買うなら、楽天Rebates (リーベイツ) を経由しましょう!

楽天Rebatesは、掲載されているショップの公式サイトでお買い物をしても楽天ポイントが貯まるサービス。

PCを買うとだいたい高額になるので、 楽天Rebates経由で数万円サクッと貯まることが多いですよ。

ミヤマ

楽天会員なら楽天IDによるログインで簡単に利用可能です!

ぱんださん

PCのほかにもユニクロとかあるじゃん!
これはちょっと嬉しいね!

なにかと楽天Rebatesは使えるので、楽天カードを持ってない人は作っておいたほうが便利です。

一応、楽天カード公式リンクも置いておきます。

>楽天カード公式サイトはこちら。

まとめ

ミヤマ

では、記事のまとめです!

デザインPCの選び方1
デザインPCの選び方2

AdobeCCを最安で買う裏技

最後に、デザインに必須なAdobeCCを最安で買いたい方は、以下の記事をどうぞ。

ピッタリのデザインPCが買えることをお祈りしています!

デザイナーのためのPCはこれ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
CONTENTS
閉じる